みつるの読書部屋

いのち短し読書せよ大人!

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(東野圭吾/角川文庫) ― 複雑に絡み合うご縁の糸

こんばんは、扇町みつるです。

ここのところ『中原の虹』(浅田次郎/講談社文庫)を読んでいたのですが、3巻にきてちょっと疲れたので、休憩といってはなんですが『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(東野圭吾/角川文庫)を読みました。

 

好物の”時空を超える”モノ

私は、時空を超えたり死者と会えたりといったストーリーが結構好きです。

たとえば「世にも奇妙な物語」のラストのちょっとほろっと泣けるタイプのストーリーが好きで、今回何を読もうかと考えたときに、ファンタジー要素のあるものにしよう、でもバリバリのSFを…というほどではない。

 

そこで、演劇集団キャラメルボックスの上演作品の原作小説を調べてみました。それで見つけたのが『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(東野圭吾/角川文庫)です。

2〜3日くらいで読もうと思って読み始めたら…。

これは止まらないやつや〜!

結局ノンストップで読み続け、てっぺん超えた真夜中に読了しました。

 

それぞれの人生、過去と未来

本書は、ナミヤ雑貨店、そして丸光園という場所を中心に繰り広げられる物語です。同じ時に一堂に会するのではなく、おおよそ40年くらいの幅の中で邂逅しています。

私は一気に読んだのでそれぞれの人物相関を正確に把握した訳ではなく、読了後に劇場版のサイトの人物相関図を確認しました。

結構複雑なので、しっかり把握したい方は、時間をかけてじっくり読むのをおすすめします。

 

登場人物はそれぞれ人生の困難に立ち向かい、迷い、ナミヤ雑貨店にたどり着いて相談の手紙を書きます。

その手紙が時空を超えて…。

手紙のやり取りを経て、相談の答えを読んで考え、悩み、答えを出し、それぞれの道を選び歩き始めます。

それから何十年か経ち、相談をした人々が再びナミヤ雑貨店へ。

 

本書は5章で構成されているのですが、それぞれ独立した話になってはいるけど、各章が複雑に絡み合っています。

読み進めていくうちに、「あーっ!これがこの人か!」と気づいていくのが気持ちいいですね。

 

劇場版はまだ未見なのでぜひこちらも見てみたいです。

 

それにしても、これだけ複雑なつながりを描くのに、どうやってプロットを立てているのだろう。と思いました。それともプロットは立てずにいきなり書く天才肌なのだろうか…。

 

ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)

ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)

 
ナミヤ雑貨店の奇蹟 [DVD]

ナミヤ雑貨店の奇蹟 [DVD]

 

Amazonプライム会員は送料無料!

朝の連続テレビ小説「おしん」

こんばんは、扇町みつるです。

 

「おしん」を見たことありますか?

4月からBSプレミアムで朝7時15分から朝の連続テレビ小説「おしん」の再放送が始まりました。

www4.nhk.or.jp

本放送は子供の頃でしたし、過去にも再放送はありましたが、断片的にしか見たことがないので、しっかり見るのは今回が初めてです。

最近の朝ドラとは違いアバンも何もなく、7時15分になるとオープニングテーマが流れるシンプルな始まり方です。

そして終わりも、普通に「終」のテロップが出るだけ。今だと土曜日には次回予告が流れますが、ごくシンプルに終わり、何も流れずいいところで終わると悶絶します。大河ドラマもそんな感じでしたね。

 

「おしん」の思い出

「おしん」が本放送された当時、私は小学校低学年でした。この頃の朝ドラは8時15分始まりだったので、その時間はちょうど通学途中。でも、通学路に立つ家でも「おしん」を視ていたようでちょうどその前を通るとオープニングテーマが流れていました。

今でもオープニングテーマを聞くと、ランドセルを背負って小学校に行っていた当時のことを思い出します。

 

あの頃はバブルで景気がかなりいい頃で、「飽食の時代」とか「豊かな時代になったけど」などと言われていました。

そんな頃の小学生だったので、何かと「おしん」を引き合いに出され、昔はおしんみたいにご飯もろくに食べられなかった人もいたのだから、好き嫌いせずに何でも食べなさい的なことをよく言われた記憶があります。

 

あと、当時はまだ奉公経験者が健在だった時代でもありました。

私の祖父母の世代は、よほど裕福な家でない限り意外と普通に尋常小学校を卒業したら仕事に就いていて、その例に漏れなかった私の祖母も奉公を経験していました。

そのせいか、祖母は8時にはテレビの前に座り、「おしん」を熱心に見ていたそうです。

 

神ドラマ

5/11(土)で小林綾子さんメインの少女編が終わりました。

当時、ドラマ自体はそんなに見ていなかったけど(土曜日お昼の再放送では少し見たかもしれませんが)、少女編がアニメ化(劇場版)されてそれを見たせいか、ストーリーはほぼ記憶に残っている通りでした。

放送開始前は、朝から暗くて重い話はちょっとなぁ…なんて思いましたが、今の歳の自分が「おしん」を見たらどう感じるのだろうと興味がわき、視聴を開始。

 

ここまで見た少女編に関して言えば、ベタなストーリーだし、長台詞も橋田壽賀子先生らしいと思いながらも、15分の中で無駄のない展開、伏線を張った精密な脚本、そして俳優として本格的な活動を始めた泉ピン子さんや伊東四朗さん、自分が大人になった時にはお目にかかれなかった往年の俳優さん、今第一線で活躍しているけどまだ若手で端役だった俳優さんたちの熱演で、ある程度分かっているストーリーにもかかわらずぐいぐい引き込まれ、出勤前に泣くのをこらえたのも数知れず…でした。

 

※後ろにいるのは光石研

※おしん三代

明治は遠くなりにけり…になってしまいましたが、「おしん」の中で描かれていた貧困の惨めさは、今の令和の時代にも決して昔の話と片付けることでは無いと思います。

そういう意味では、古臭さは感じませんでした。

 

明日から始まる田中裕子さんの「おしん」はほぼ記憶がありません。

これからもかなりハードな展開が続くのでしょうけど、最後まで視たいと思います。

連続テレビ小説 おしん 完全版  少女編 〔デジタルリマスター〕 [Blu-ray]

連続テレビ小説 おしん 完全版 少女編 〔デジタルリマスター〕 [Blu-ray]

 
連続テレビ小説 おしん 完全版  青春編 〔デジタルリマスター〕 [Blu-ray]

連続テレビ小説 おしん 完全版 青春編 〔デジタルリマスター〕 [Blu-ray]

 
連続テレビ小説 おしん 完全版  試練編 〔デジタルリマスター〕 [Blu-ray]

連続テレビ小説 おしん 完全版 試練編 〔デジタルリマスター〕 [Blu-ray]

 
連続テレビ小説 おしん 完全版  自立編 〔デジタルリマスター〕 [Blu-ray]

連続テレビ小説 おしん 完全版 自立編 〔デジタルリマスター〕 [Blu-ray]

 
連続テレビ小説 おしん 完全版  太平洋戦争編 〔デジタルリマスター〕 [Blu-ray]

連続テレビ小説 おしん 完全版 太平洋戦争編 〔デジタルリマスター〕 [Blu-ray]

 
連続テレビ小説 おしん 完全版  再起編 〔デジタルリマスター〕 [Blu-ray]

連続テレビ小説 おしん 完全版 再起編 〔デジタルリマスター〕 [Blu-ray]

 
連続テレビ小説 おしん 完全版  完結編 〔デジタルリマスター〕 [Blu-ray]

連続テレビ小説 おしん 完全版 完結編 〔デジタルリマスター〕 [Blu-ray]

 

Amazonプライム会員は送料無料!